賃貸住宅に住む人は必読!住宅手当と家賃補助徹底研究!

賃貸住宅に住む人は必読!住宅手当と家賃補助徹底研究!

日本人が住宅に使うお金は、かなり高額。そもそも1人暮らしをする時に、家賃は月給の3分の1以下、と言われたものですが、よく考えるまでもなく、収入の3割以上が住宅費用というのはかなりの出費です。


そんな事情もあって、住宅手当がある企業というのは、福利厚生の充実は、仕事のやる気にも繋がっていた訳です。ただし、それはこれまでの話で、中には経営側も従業員側も、成果主義に変化しつつあります。また、不況の中、リストラに転職と、終身雇用はとっくに崩壊しています。給与は上がるどころか、勤続年数が長くとも下がることさえあります。そこで住宅手当の必要性を叫ぶことは困難でしょう。


その一方で、地方自治体ごとの家賃補助は年々増加しています。これは人口が減少している地域が、住民を呼び込むためのものであったり、低所得者の生活を助けるためのものです。こうした家賃補助は、基準を満たせば、申請した人は収入に応じて負担を軽くすることができ、逆に収入の多い人は補助を受けることができないものになっています。こちらは企業の成果主義とは逆に、収入の少ない人ほど手厚く扱われます。


住宅手当と家賃補助、じっくり比べてどちらが自分に有利なのか、また住宅手当の支給がない人も、自分が補助を受けられるものがあるのかを詳しく見ていくことにしましょう。


賃貸住宅に住む人は必読!住宅手当と家賃補助徹底研究!

企業の福利厚生のメインだった住宅手当!これからどうなるのか?

企業の福利厚生のメインだった住宅手当、今後はどうなる?

住宅手当は期待できない?これからは家賃補助の時代だ!

住宅手当は期待できない? これからは家賃補助の時代だ!

賃貸住宅に住む人は必読!住宅手当と家賃補助徹底研究!企業の福利厚生のメインだった住宅手当!これからどうなるのか?住宅手当は期待できない?これからは家賃補助の時代だ!サイトマップ